旅・旅行のオリジナル動画 旅・旅行のオリジナル動画

旅のオリジナル動画サイト。バイク・車・自転車・電車・徒歩と何でもありのムービーサイト。

動画編集に使うソフトウェアについて

■はじめに

ソフトウェア編

今回は、動画編集に使うソフトウェアについてです。
動画編集をする際に、大きく三つのくくりでソフトが必要になります。

  1. 動画編集の下準備としてのソフト
    (動画の形式を変えたり、あらかじめ画質やサイズの調整などをしておいたりなど)
  2. 動画を実際に制作する際のソフト
    (いわゆる動画編集ソフトです)
  3. 動画を見せるために使うソフト
    (最終的にDVDに焼くならオーサリングソフト、WEBにアップするならWEB制作ソフト、FLASHで見せるならFlash、後はasfファイルを手書きで書くとかそういうのも含む)

使うソフトによっては、2番だけで全部済んじゃったり、2番が3番をかねてたりするので、きっちり分けられるわけではないのですが、大体こういう流れで分かれてます。

■動画編集の下準備としてのソフト

動画編集の下準備ですが、例えば

  • (2)の動画を実際に制作するソフトが、ビデオカメラで撮った際の形式をそのまま読み込めない場合に、読み込める形式に変換する場合(例えば、XactiのMp4形式がPremiereで読み込めないとか)
  • 編集しやすい別の形式にあらかじめ変える場合(Mp4をAVIにするとか)
  • 撮影サイズより小さい動画にすることは決めているので、まずは一括でサイズを小さくしたい場合
  • モノクロで作りたいので、先に一括でモノクロ化したい

などのシチュエーションがあります。

基本的に下準備はできるだけしたほうがいいです。動画編集ソフトで動画を編集する際の作業の生産性は、出来上がりの動画の品質に直結するので…っていうかぶっちゃけ編集ソフトが重いともう、細かい調整とかやる気が無くなるので、できるだけ下準備をして、編集ソフトがサクサク動くようにすることをお勧めします。特に自分みたいに忍耐力の欠けた人間には…orz

そもそも動画編集ソフトで読み込めないなど以外は、動画編集ソフト側で対応できたりするのですが、いかんせん重かったり使いづらかったりするので、ここはそれ専門に特化したソフトを使うことをお勧めします。

たとえば

  • TMPEG(フリー版あり、有料版あり)
    基本はAvi形式などからMPEGへの変換ソフトですが、その途中で、色調整、ゴースト除去、不要シーンのカット、縦横サイズの変更等ができます。MPEGファイルの下ごしらえとして使えます。
    有名ソフトなので、たくさん解説サイトがありますので、検索してみてください。

    例えば「TMPGEnc簡単な解説」「初心者の為のTMPGEnc講座」、そして本家のFAQである、TMPEGEncFAQ(よくある質問とその答え)もおすすめです。
  • AviUtl(フリー)
    Avi形式のファイルに各種フィルターをかけられる便利ソフトです。こちらも超有名。公式サイトは「AviUtlのお部屋」です。このソフト自体も便利ですが、たくさんのプラグインが有志によって作られていて、それが便利さを倍化させています。

    プラグインについては「AviUtlのプラグインType-I(系統別)」さんがまとめてくれています。
    プラグイン、とても数があるのでまずは本家AviUtlについているものを使いこなしてから、必要に応じて追加していくのがいいと思います。

    また、解説サイトとしては「初心者の為のAviUtl講座」がおすすめです。
他にもありますが、この辺をまず押さえておけばいいと思います。

■動画を実際に制作する際のソフト

一番のキモである、動画編集ソフトです。今は有名どころでこんな感じのラインアップです。

・Windows
  Adobe Premiere Pro
  Adobe Premiere Elements
  Ulead Video Studio
  Ulead Media Studio
  SourceNext PowerDirector

・Mac
  iMovie(iLifeの一部)
  FinalCut Express
  FinalCut Pro

基本的に有料です。無料なのは、Windowsだと、付属の

Windows Movie Maker2
  http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/downloads/updates/moviemaker2.mspx

くらいでしょうか。ただこれ結構高機能なのであなどれないです。
とは言え有料のものの方が、できることも速度も速いので、有料ソフトをおすすめします。

Macに関しては、使ったことが全く無いのでコメントは控えます。

Windowsですが、個人的にお勧めはVideoStudioです。実際にメインで使ってます。
上位版としてMediaStudioがあります。ただ、かなり凝った編集をしないのなら、Video Studioでいいと思います。両方とも体験版があるので、試してみてください。値段は、Video Studioがダウンロード版だと1万円を切ります。

Premiereの2種類に関しては、あまり使っていないのですが、Elementsの方は値段もこなれてますし、使ってみたいなと思っています。使ったらレポします。

まとめると、玉虫色になりますが、どれも操作系統などに個性があるので、それぞれの体験版をひとまず使用してみて、自分に合ってるなー、と思うものを選ぶのがいいと思います。

■動画を見せるために使うソフト

ひとまず箇条書きで…手がすき次第まとめます。

  • 最終的にWindowsMediaPlayer形式にしたいのに、ソフトがサポートしていない場合は、いったんソフトでAVIなりMPEGに書き出して、そのファイルをMicrosoftが配布している「WindowsMediaエンコーダ」でWindowsMediaPlayer形式にエンコードする必要があります。
  • また、FLV形式の動画を作りたいのに、ソフトがサポートしていない場合は、同様にAVIなりMPEGに書き出したものを、例えば「mencoder」などで変換し、さらにそれを「Adobe Flash CS3 Professional」で読み込んで、動画を埋め込んだswfファイルにする必要があります。結構費用の面で大変です。
    このサイトの動画はみなこれでやっていますが、そもそもWebのデザイナーもやっているのでソフトを持っていたからできたというだけで、もし持っていなかったら多分WMVでの埋め込みにしていたと思います。
  • YouTubeを使えば、画質などの調整はできませんが埋め込みも簡単ですね。
  • そもそもアップするサーバが無い場合は、動画投稿サイトを使うといいと思います。YouTube以外にも「ワッチミー」「@niftyビデオ共有」「AmebaVision」などいろいろありますし。普通にWebサイト立ち上げるより露出度も高いです。
  • WMVで埋め込みをする場合は、埋め込む用のobjectタグやらASFファイルを用意する必要があります。
  • DVDにする場合は、大概は(2)のソフトでサポートしていますが。メニューを作ったりチャプタ分けしたりなどができない場合は、別にそういうソフトを買う必要があるでしょう。
1 2 3 4 5 6 7
トップへ戻るメールアドレス